川越の法律事務所では相続に関する相談のみならずトラブルに対応してくれます

HOME>トピックス>遺産などの問題に関する注意事項があるために利用しよう

ルールを知らなすぎる

相談

川越には、弁護士が在籍する法律事務所に相談すれば、揉めることも多くて、避けては通れない遺産相続に関してよき方向にアシストしてくれます。財産といえば家だけだから、揉めることはないと言っても、トラブルを回避するためには遺言書の存在が大きくものをいうことに気をつけましょう。この遺言書があるとき、ないときの問題も含めて、相続の中には借金も含まれていたり、赤の他人に配分されたりするため、基本知識がないなら士業者に相談するべきです。ちなみに、金融機関は故人名義の預貯金口座を凍結します。こうしたルールさえ知らないでしょう。

利用したい制度

弁護士バッジ

メリットのある相続財産ならばまだしも、気をつけたいのはデメリットのある相続財産についてです。生活が脅かされるような状態になると判断したら、川越の士業者ならば、相続人の保護をはかるために放棄か限定承認の制度について説明してくれます。それだけでなく、期限切れにならないように気をつけましょう。また、自分だけが故人の借金を背負うのを免れても、他が大変な思いをすることになります。留意点も考えたいものです。さらに、手続きを踏んでから債権者に弁済することになったりするワケですから、手続きが厄介で面倒なことからも利用されない制度も含まれます。

広告募集中